くせ毛だけど縮毛矯正はかけたくない貴女へのアンサー【アレコレ41】

こんにちは。

世界一、髪をキレイにする。髪質改善くせ毛特化美容師の甲斐です。

今日は題名の通りなのですが
くせ毛だけど縮毛矯正はかけたくない人は、どうすれば良いのか?についてです

気持ちは凄く分かります、こういう方、非常に多いと思います

結論から言うと
くせ毛で縮毛矯正をかけない場合は
その「くせ毛」と上手く付き合っていくしかないです

・トリートメントで扱いやすい状態をキープして、出かける前に自分でアイロンを使ってくせを伸ばす
・バッサリショートボブにしてワックス等のスタイリング剤で束感を出しくせを生かす
・後ろでヘアゴム等を使ってまとめる

現実的なところで言うと、この3つの方向性ですかね

まぁ、結局は、日頃どの位のクオリティのヘアスタイルとしての綺麗で過ごしたいかに寄りますので
「別にボサボサな髪でも良い」という人は、乾かしざらしのくせが出た状態でも良いと思いますが

じゃあ何故に「縮毛矯正をかけたくない」のか、その心は?という話が重要なのですが

やはり
・髪が痛む
・ピンピンの針金みたいに真っ直ぐになりすぎる

この2つの理由からの人が多いんじゃないかなぁと思います

縮毛矯正って本当に施術者の腕がモロに仕上がりに出るわけで
一般的なレベルの美容師さんの縮毛矯正の仕上がりは、やはりダメージも強いしピンピンな仕上がりにもなりやすいです

手前味噌ですが、僕みたいに縮毛矯正に特に特化している美容師に任せるのが絶対的に安全で美しくなれるでしょう

縮毛矯正に上記のような、良くないイメージを持っている人は
本気で縮毛矯正に特化している美容師の施術を体験したらその仕上がりに
今までの縮毛矯正のイメージが180度ひっくり返って感動すると思いますよ

あと、縮毛矯正するとカラーがムラになりやすくなる、というのもよく聞きますが
限りなくローダメージで縮毛矯正出来ていたら、そんな状態にもならないですしね

まぁ、縮毛矯正するもしないもそれぞれで、何かを押し付けるようなカウンセリングも絶対にしないですが
諸々を見極めていきましょう

ではでは

各SNSフォローお気軽に。